iPhoneマイスター

iPhoneを中心にアップル製品に関するニュース、噂、レビューなどを中心にお伝えしています。

iPhoneでペットの写真を上手に撮る4つのコツ

   

今日は、iPhoneでペットをとる際のコツを紹介します。シンプルだけどとても大切なテクニックです。

スポンサードリンク

1明るい場所で撮影しよう。

まず何より大事なのが、周囲の明るさ。ペットや子どものようによく動く被写体は明るいところで撮らないとブレブレの写真になってしまいます。周りが明るければシャッタースピードが早くなりますので、多少ブレは低減されます。
ペットを夜の室内で撮るのはけっこう難しいですね。昼間の屋外がベストでしょう。

2. ペットの目線まで落として撮影。

これをやるだけで、ペットの写真の質がぐんと向上します。

ペットの目線にカメラを持っていきましょう。はいつくばったり、膝をついたりして、ローアングルで撮影すると、あら不思議。いい写真が撮れちゃいます。

3. ポーズさせる。

ペットにポーズを取らせる手っ取り早い方法。それはワイロです。

好物の食べ物、おもちゃなどでつりましょう。

あとは成り行きに任せて、決してイライラしないこと。無理にポーズを取らせないというのも大切です。

4. キャッチライトを狙う。

キャッチライトとは、人や動物を撮影する際、瞳に映りこませる光のこと。

瞳に適度な光を映りこませることで、生き生きとした輝きのある表情が演出できます。

ペットの瞳をよく見て、光が映り込んでいればOK。かんたんにキャッチライト出来ているかの確認ができます。

以上、iPhoneでペットの写真を上手にとる4つのコツでした。

 - 便利な使い方・設定 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

AirPlay
iPhoneとApple TVで出来るAirPlayミラーリングの設定方法

iOS5がリリースされ、iPhone 4S (iPad 2)とApple TVに …

Read It Later
オフライン環境をバラ色に変えるRead It Laterの使い方

今さら感もありますが、「あとで読む」サービス、Read It Laterの効果的 …

06AirMacExtreme_front
ルーター機能付きのモデムとAirMac Extremeを接続する時の注意点

私が使っているAtermのモデムは、ルーター機能付きのAterm DL180V- …

イメージキャプチャ
iPhoneのカメラロールの画像を一括削除する方法【Mac編】

iPhoneのカメラロールの写真を一気に削除する方法を紹介します。 スポンサード …

features-1
iPhoneバックアップデータの場所と緊急時の対処法。

iPhoneは良くできたデバイスで、itunesと同期するだけで、iPhoneの …

フリック入力のみ
フリック入力派は、設定を『フリック入力のみ』にすると文字入力が超快適に

意外と知られていない『フリック入力のみ』の設定。もしフリック1択なら 迷わずこの …

testgeotag
iPhoneで撮った写真に撮影地情報(ジオタグ)を添付させない方法

iPhoneのカメラは撮影地情報(ジオタグ)が付けられるようになっていて、撮影地 …

Twitter 身バレ
他人のiPhone連絡先からTwitterアカウント丸見えを防ぐ方法

iPhoneでツイッターをやっている人は再確認したほうがいいかも?身バレしたくな …

Siri
Siriの使い方|話しかけ方の例文まとめ【電話・連絡先・メッセージ・メール編】こんなことが出来ますよ!

Siriの設定は済んだけど、肝心の話しかけ方、どんなことが出来るのか分からない・ …

Siri ロック セキュリティ
ロック画面からSiriを起動させないようにする設定

Siriはロック中でも呼び出すことが出来、便利な反面、セキュリティ上のリスクも。 …