iPhoneマイスター

iPhoneを中心にアップル製品に関するニュース、噂、レビューなどを中心にお伝えしています。

iPhoneでペットの写真を上手に撮る4つのコツ

   

今日は、iPhoneでペットをとる際のコツを紹介します。シンプルだけどとても大切なテクニックです。

スポンサードリンク

1明るい場所で撮影しよう。

まず何より大事なのが、周囲の明るさ。ペットや子どものようによく動く被写体は明るいところで撮らないとブレブレの写真になってしまいます。周りが明るければシャッタースピードが早くなりますので、多少ブレは低減されます。
ペットを夜の室内で撮るのはけっこう難しいですね。昼間の屋外がベストでしょう。

2. ペットの目線まで落として撮影。

これをやるだけで、ペットの写真の質がぐんと向上します。

ペットの目線にカメラを持っていきましょう。はいつくばったり、膝をついたりして、ローアングルで撮影すると、あら不思議。いい写真が撮れちゃいます。

3. ポーズさせる。

ペットにポーズを取らせる手っ取り早い方法。それはワイロです。

好物の食べ物、おもちゃなどでつりましょう。

あとは成り行きに任せて、決してイライラしないこと。無理にポーズを取らせないというのも大切です。

4. キャッチライトを狙う。

キャッチライトとは、人や動物を撮影する際、瞳に映りこませる光のこと。

瞳に適度な光を映りこませることで、生き生きとした輝きのある表情が演出できます。

ペットの瞳をよく見て、光が映り込んでいればOK。かんたんにキャッチライト出来ているかの確認ができます。

以上、iPhoneでペットの写真を上手にとる4つのコツでした。

 - 便利な使い方・設定 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

Siri
Siriの使い方|話しかけ方の例文まとめ②【時計/アラーム/タイマー・カレンダー・リマインダー・メモ編】こんなことが出来ますよ!

Siriを上手に活用して、日々の生活をちょっぴり便利にしてみませんか?目的別・S …

screenshot.12
使い勝手の良い手帳アプリ【i手帳】

素晴らしすぎます。ほぼ日ユーザーも納得の手帳アプリ。 スポンサードリンク 私はず …

AirPlay
iPhoneとApple TVで出来るAirPlayミラーリングの設定方法

iOS5がリリースされ、iPhone 4S (iPad 2)とApple TVに …

留守電
iPhoneの留守電呼び出し時間を変更する方法

iPhoneではデフォルトで留守番電話がオンになっていて、呼び出し秒数は20秒に …

アップルが勧めるiPhoneのバッテリーを長持ちさせる13の方法
アップルが勧めるiPhoneのバッテリーを長持ちさせる13の方法

アップルが推奨しているiPhoneのバッテリーに関してのTIPSを紹介します。知 …

iPhone 5 Wi-Fi
iPhone 5のWi-Fiは5GHz対応で高速に!AirMac Extremeの設定が必要です!

iPhone 5は802.11n(5GHz帯)に対応しているので、高速にWi-F …

Siri
Siriの使い方|話しかけ方の例文まとめ【電話・連絡先・メッセージ・メール編】こんなことが出来ますよ!

Siriの設定は済んだけど、肝心の話しかけ方、どんなことが出来るのか分からない・ …

140923-0001
iPhoneでメール作成中に写真を添付する方法【iOS 8】

iPhoneで写真をメールに添付するための便利な方法。メール入力中に写真は添付で …

着信中に消音・留守電にする
慌てずに済む!iPhoneで電話がかかってきた時の対応方法

着信中の電話をとりあえず着信音のみ消音する方法、強制的に留守電にする方法を改めて …

AssistiveTouch
iPhoneのAssistiveTouchで出来ること、便利な使い方をまとめてみました

iPhoneのアクセシビリティのメニューの一つにAssistiveTouchとい …