iPhoneマイスター

iPhoneを中心にアップル製品に関するニュース、噂、レビューなどを中心にお伝えしています。

iPhoneでペットの写真を上手に撮る4つのコツ

   

今日は、iPhoneでペットをとる際のコツを紹介します。シンプルだけどとても大切なテクニックです。

スポンサードリンク

1明るい場所で撮影しよう。

まず何より大事なのが、周囲の明るさ。ペットや子どものようによく動く被写体は明るいところで撮らないとブレブレの写真になってしまいます。周りが明るければシャッタースピードが早くなりますので、多少ブレは低減されます。
ペットを夜の室内で撮るのはけっこう難しいですね。昼間の屋外がベストでしょう。

2. ペットの目線まで落として撮影。

これをやるだけで、ペットの写真の質がぐんと向上します。

ペットの目線にカメラを持っていきましょう。はいつくばったり、膝をついたりして、ローアングルで撮影すると、あら不思議。いい写真が撮れちゃいます。

3. ポーズさせる。

ペットにポーズを取らせる手っ取り早い方法。それはワイロです。

好物の食べ物、おもちゃなどでつりましょう。

あとは成り行きに任せて、決してイライラしないこと。無理にポーズを取らせないというのも大切です。

4. キャッチライトを狙う。

キャッチライトとは、人や動物を撮影する際、瞳に映りこませる光のこと。

瞳に適度な光を映りこませることで、生き生きとした輝きのある表情が演出できます。

ペットの瞳をよく見て、光が映り込んでいればOK。かんたんにキャッチライト出来ているかの確認ができます。

以上、iPhoneでペットの写真を上手にとる4つのコツでした。

 - 便利な使い方・設定 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

simple sms
いつもの『帰るメール』をSMSで簡単送信!【Simple SMS】

「今から帰るよ」など決まった相手に毎日送信するメールをEメールではなくSMSで簡 …

Siri ロック セキュリティ
ロック画面からSiriを起動させないようにする設定

Siriはロック中でも呼び出すことが出来、便利な反面、セキュリティ上のリスクも。 …

screenshot.15
定番手書きメモアプリ【スケッチパッド】

iPhoneに標準でついているメモアプリでは、ささっとメモがとりづらい・・・。 …

ソフトバンクWi-Fiスポット
無料で使えるソフトバンクWi-Fiスポットを設定・活用する

ソフトバンクモバイルは、「ソフトバンクWi-Fiスポット」および「ケータイWi- …

スリープタイマー
iPhoneのタイマーを万能スリープタイマーとして使う方法(有料アプリ不要)

就寝前、ベッドの中でiPhoneを使って音楽を聴いたり、ポッドキャストを聞いたり …

iPhone 5 Wi-Fi
iPhone 5のWi-Fiは5GHz対応で高速に!AirMac Extremeの設定が必要です!

iPhone 5は802.11n(5GHz帯)に対応しているので、高速にWi-F …

AssistiveTouch
iPhoneのAssistiveTouchで出来ること、便利な使い方をまとめてみました

iPhoneのアクセシビリティのメニューの一つにAssistiveTouchとい …

120716-0001
簡単!iPhoneのカレンダーに日本の祝日を表示させる方法

iPhoneのネイティブアプリであるカレンダー。Siriが登場して使い勝手が増し …

Twitter 身バレ
他人のiPhone連絡先からTwitterアカウント丸見えを防ぐ方法

iPhoneでツイッターをやっている人は再確認したほうがいいかも?身バレしたくな …

iPhoneを探す
前もって確認しておきたい「iPhoneを探す」ための設定と使い方のまとめ

iPhoneが無くなってからでは遅い、「iPhoneを探す」ための設定と使い方、 …